中古車売却方法

車売却


車を高く売るテクニックは、少しでもたくさんの査定を行うこと!
これに勝るものはありません。
そこで、中古車売却のテクニック、また、賢い人が実践している売却方法を紹介します。


中古車を高く売る方法

愛車の売却は、買取会社に競わせて、高く売る!
これを簡単に行う方法は、一括査定サイトの活用です。

1回の登録で10社ほどの車査定が可能なので、登録も簡単!
これで、愛車の最高額がでますね。
 
車売却サイト紹介(一括査定サイト)
車売却1位 ズバット車買取
ズバット車買取
一括車査定サイトトップクラス!
株式会社ウェブクルー(東証マザーズ上場)の運営するズバット車買取比較です。

ズバット車買取で車売却


 
中古車売却2位 カービュー
カービュー
みんカラ(carview)の中古車買取一括査定。
中古車買取店の査定額を一括で比較、中古車の高額査定がわかります。

カービューで車売却



 
中古車売却3位 カーセンサー.net
カーセンサー.net
リクルートが運営するクルマ総合情報サイト。
中古車情報誌カーセンサーでもおなじみ、車査定サイト【カーセンサーnet】です。

カーセンサーで車売却



 
中古車売却4位 かんたん車査定ガイド
ズバット車買取
株式会社エイチーム(東証第一部上場)が運営するかんたん車査定ガイドです。
概算最高額は1秒で知ることが可能!簡単登録
かんたん車査定ガイドで車売却




中古の車売却をする際の注意点とは

車売却の注意点としては、まず相場を知らないまま査定に出さない事が大切です。
もし、売りに出す車の相場を知らない状態ですと、適正な査定価格を判断する事ができません。
中古車売却で注意することまり車売却をする際に、安値で売却して損をしてしまう事がありますので、まずは売りたい車の価値を調べ、査定価格の良し悪しを判断できるようにしておく必要があります。
他にも注意点として、交渉をせずに売らないという事も挙げられます。
大抵の業者は余力のある査定価格を提示してきますので、最初に提示される査定価格で売却してしまうと損をする事があります。
その為、余力を引き出す為にもしっかりと交渉を行う必要があるのですが、ただ、交渉のやり方次第では思うように価格を上げてもらう事はできません。
効果的な交渉を行う為には他の業者と競合させる事が大切になりますので、他の業者の査定価格もきちんとチェックし、交渉をする際には他の業者の査定価格を引き合いに出して価格アップの相談をしてみる事が大切です。


車を売るときは全国対応の車買取り店で

納得の価格で車売る為には売却先選びが重要になります。
どの業者に売るかによって車買取時の査定額が違ってきますので、高値を付けてくれる業者を選ぶ必要があります。
では、どういった業者を利用すれば良いのかと言いますと、全国対応の車買取店を利用するのが良いと言えます。
その理由全国対応の車買取りとしてはやはり販路を広く持っているからです。
販路の狭い業者の場合ですと、車買取をしてもなかなか買い手が見付からない事があります。
その為、車売る際にも低い査定額になってしまう事があります。
一方の全国対応業者の場合ですと、販路がいたるところにある訳ですので、中古車を引き取った時でも速やかに買い手を見付ける事ができるのです。

中古車売却は全国対応
その為、他の業者よりも高値で引き取ってもしっかりと買い手を見付け出す事ができます。
そして売り手側も高値を付けてもらい易くなる訳ですので、納得の価格で売却し易くなるのです。
因みに販路を広く持つ業者は増えていますので、そういった業者同士でもよく価格の比較をしてみる事が大切です。

ページランク-ナビ



中古車査定で見積書は貰える?
中古車の売却時では事前に見積もりを出してもらうことが出来ます。
中古車査定の見積書この際、買取業者が口頭で説明だけをして見積書を出してくれないような場合は、注意が必要です。
見積書とは、その車がどのくらいの金額で買取となるのかを詳細に書いたものです。
一般的に見積もりを受けた後、車査定で実際の車の状態を確認し、そこから金額が増減することとなりますので、口頭で説明されてしまうとそれを録音でもしていない限りは、なにが原因で見積額からマイナスになってしまったのか、プラスになってしまったのかをユーザー側が判断しづらくなります。

車売却見積
ですので、見積書は車査定を受ける前にしっかり貰わなければいけませんし、基本的にはきちんとした業者であれば貰うことが出来るはずです。
しかし、中古車買取業者の中には、こちら側から言わなければ見積書を出さないようなところもありますので、そのような時にはしっかり伝えて受け取るようにしなければいけません。

またこちらが促しても出すことを渋る買取業者もいます。

この場合は悪質な業者である可能性が高く、信頼性が薄いので、極力取引をしないように注意しましょう。



査定相場が大きく変わる時期

知っておきたい中古車売却で査定相場が大きく変わる時期
愛車売却を検討している際に、売る時期によって査定額が変わります。
まず、大きく変わる時期が、3月です。

査定相場が大きく変わる時期
3月は自動車業界が決算時期に当たるため、新車販売や中古車販売が盛んに行われます。
そこで、中古車を買い取って新車を売却したいディーラーや、在庫が減ってきた中古車業者が通常よりもプラスで査定額を提示してきます。
3月の売却は通常よりも高額になることがあります。

中古車売却相場
あとは車種によって変わりますが、マイナーチェンジやフルモデルチェンジが行われると、乗っている車両のモデルが古くなり査定額がマイナスになることがあります。

売却を考えているときにはマイナーチェンジやフルモデルチェンジの情報を仕入、その車両が販売開始になるまでに売却をすることが高額査定につながります。
また冬と夏のボーナスの時も査定相場が大きく変動します。

この時も販売や買取が大きく動くため、査定額が普段よりもプラスになることが多いです。
高額査定の時をねらって売却することをお勧めします。


一般的な車査定の流れ
車売却査定をする前に知っておきたい売却までの流れとかかる期間
売却の大まかな流れとおおよその所要期間を知っておくことが重要です。
中古車売却流れ 中古車査定の時間・大まかな流れはまず電話やインターネットを使用したり、店舗に直接出向くなどして売却したい車の査定を依頼し、自分の車の査定価格を出してもらいます。
店側から提示された査定価格に納得した場合は売買契約を行い、その後車内の物品の片付けなどを済ませて、引き渡し日として指定した日に指定の場所で店側の担当者に車を引き渡します。そして、この引き渡しが終了すると店側から売主に対して買取代金が支払われます。

車の査定を依頼してから、店側から買取代金の支払いが行われるまでの期間は、最短で3日程度です。

査定依頼から車の引き渡しまでは、条件が揃えば1日で全て終わらせることができますが、これは稀なケースで、通常は1~3週間程度を要します。
なお、所有している車の中古車市場における価格は日々変わっていくので、あまりに売却の手続きに時間をかけ過ぎると、想定している値段をより安い値段での買取になる可能性が高くなっていくので注意が必要です。

納税証明書 紛失
中古車買取をする際に必要な納税証明書を紛失してしまった時は

車売却の証明書
中古車の買取時に必要なもののうちの一つに納税証明書があります。
紛失した場合は再発行が可能ですが、支払い前に通知を紛失した場合は催促通知が届いたり、延滞すれば滞納金が発生することもありますが、きちんと納税していれば買取り店が再発行に行ってくれる場合もあります。
ご自分で行かれる場合、普通車は陸運局(運輸局・支局)の近辺に必ずある自動車税管理事務所または各都道府県の税事務所で再発行の申請ができます。
pagerank
軽自動車の場合は、市区町村の役所にある納税課でできます。
どちらも車検証と印鑑が必要で、基本的には手数料はかかりません(一部例外の地域もあるようです)。
また、納税証明書は売却時のみならず、車検を受ける際にも必要なものです。
紛失したと気づいた場合は、早めに再発行を行って延滞や滞納等がないことを確認しておくのもいいかもしれません。
また、納税通知書は車検証の「使用者」名義に送られてきますので、引っ越しした後に車検証の住所変更手続きなどしていない場合は未着になることもあるので注意が必要です。

【中古車売却参考書籍】
・新車が売れない時代に新車を売る方法 小口 博志
・知らずに買うと損をする。中古車選びの裏の裏!木元秀典
・最新国産&輸入車2013 ミニバン選びの本
・チャレンジ!(得)国産車選び 2014 ライバル車を徹底比較!
・チャレンジ!(得)国産車選び 2012 リッター30km!!低燃費車徹底比較!!




中古車の買取査定の際に車庫証明は必要ではない

愛用してきた車を手放すにあたっては、近場の中古車買取業者、あるいは付き合いのある業者などに予約を入れて店舗に直接持ち込んで査定を受けるか、あるいは一括査定サイトなどを活用して条件の良い業者を選択するという方法もあります。

査定額に関して交渉がまとまり、いざ売却というタイミングでは車検証や自賠責保険証明書、リサイクル券、自動車税納税証明書、印鑑登録証、実印などが必要となり、車検証と印鑑登録の住所が異なる場合には住民票の提出が求められる場合もあります。
中古車売却の車庫証明
この中古車買取の際に戸惑いやすいのが車庫証明が必要なのか否かについてです。

車庫証明とは車の保管場所に関する情報を警察署に申請して得られるもので、保管場所が自宅か貸し駐車場化によって書類の形式は異なります。結論から言うと、中古車の査定や売却の際にはこの車庫証明は必要ありません。

その車の新たな買い手がついた時に、それぞれが登録手続きを行うことになります。またその手続きを販売店が代行することも可能です。


売却した側がまた新たに車を購入した際に再申請が必要です。
その際には前の車の登録情報が残っていますので、売買契約書や新所有者名義の車検証を提示することで再申請を受け付けてもらえます。

中古車の査定はここを見る!その評価基準とは?

自動車販売市場では、中古車の存在も大きな影響を与えています。

特に車を手放す人にとっては、自分の車のどこをどういう風に査定されるのか、知っておいて損はないでしょう。今回はその評価基準についてご説明します。
中古車売却の評価基準 中古車の価値を決める上で特に重要なのは外装です。ボディカラーについては人気の色ほど需要が高まるわけですから、当然査定の過程で優位になります。

しかしキズや汚れが酷い場合は、人気のカラーでも歓迎はされないでしょう。汚れは自力で何とかなりますが、素人レベルのキズ修復ではプロの査定士は見抜いてしまいます。普段からいかに大事に乗っていたかが、最終的には一番の要素になるということです。

他には内装も蔑ろにしてはいけません。シートなどは直接体に触れる箇所ですからどうしても傷んでしまいますが、極端にダメージがある場合には敬遠されますので注意が必要です。

それから中古車は年式と走行距離の関係も重要な査定ポイントになります。

年数を重ねている割に走行距離が短いようであれば価値が上がります。売りに出すときはそういった部分も考慮しておきましょう。

何より走るという点では、

大元のエンジン部分も見られないわけがありません。
過去の修理歴やトラブルなどはあまりない方が好ましいのです。


以上のようなことを念頭に置いて、正しい観点から評価基準を見ましょう。

最新投稿

  • 中古車買取は禁煙車の方が有利

    中古車の買取価格を決定付けるポイントには様々なものがあります。 走行距離や年式、車種や色などが重要であることは …